« 枝野代表(立憲民主)の誤った「民意」認識 | トップページ | 韓国ソウル市、日本製品排除条例を議会に提出 »

2019年1月26日 (土)

徴用工問題 立憲民主党はなぜダンマリなのか?

 韓国の裁判所は、募集工を徴用工として新日鉄住金の財産差し押さえを命じました。日韓請求権協定の破棄という国の一大事にも関わらず日本の野党第一党・立憲民主は、何のコメントを出さずにダンマリを決め込んでいます。
Yrya11005xxx002k_110181112at43_t11
 もっとも日本共産党や社民党などは、韓国の言い分が当然と考えているので論外ですが、立憲民主党は、韓国に近い人が多いとはいえ、いやしくも日本の国会議員であれば、国益のかかった問題にダンマリは卑怯ですね。
本当に日本の国会議員なのでしょうか。
写真下は、昨年東京で韓国徴用工の弁護士と談笑する共産党志位氏

« 枝野代表(立憲民主)の誤った「民意」認識 | トップページ | 韓国ソウル市、日本製品排除条例を議会に提出 »

ニュース」カテゴリの記事